[算数指導方針]

 

中学で学ぶ多くの単元は、その基礎になる部分を小学校で学習します。

 

ですから、中学校の学習でつまずく大きな原因は、小学校のときに十分な基礎力を身につけていなことにあります。


理科・社会などは中学からの巻き返しがかなりきく教科ですが、系統立てて学習していく数学はなかなかそうは行きません。

 

特に分数計算に集約される四則計算を十分に身につけておく必要があります。


また、計算だけでなく、文章題を論理的に読み、思考を継続させて、それを式にしていく力が必要です。

 

FORYOUゼミナールでは、以上の力を身につけることを算数指導の中心に据えています。


そして、今学習している単元が中学のどの学年のどのような単元の基礎になっているのかを生徒に伝えることにより、今の学習の大切さを常日頃伝えるようにしています。


授業は少人数で、一人一人に目が行き届く指導を行います。

 

また、質疑応答を繰り返しますので、生徒は緊張感をもって授業に臨むことができます。


テキストは教科書準拠タイプの教材と計算ドリルを使用します。

 

必要に応じて補助プリントも使用します。


進度については、学校の授業との相乗効果が出やすいように学校進度より少し早い程度で進めていきます。