[英語指導方針] 

 

英語学習については他塾にはみられない大学受験、高校入試までも視野に入れた独自の英語指導を行っています。


FORYOUゼミナールでは、一見実用的に思われる英会話的な指導は行っておりません。日本で生活している限り、パターン化された英会話表現を覚えても実際に使うことはあまりないでしょう。


したがって、教室だけの英語に終わる傾向があります。そして中学入学後はほとんどの子供が文法中心の学習に移っていきます。

 

つまり、お稽古事で終わってしまう可能性が高いというのが現状といえるでしょう。


ここで少々長くなりますが、英語学習について考えてみたいと思います。


英語の上達には時間がかかります。

 

それは母国語の習得に費やす膨大な時間を考えれば想像に難くないことでしょう。

 

しかし、やり方次第では、その時間を大幅に短縮することが可能です。

一般に英語学習は「英単語」「英熟語」「英文法・語法」「英文読解」「リスニング」「スピーキング」といった「科目」に分けられ、小学生までは「スピーキング」中心の英会話を学び、楽しいだけで終わり、中学・高校では細分化された「科目」を学習し、そのどれもが中途半端に終わっているか、「単語集+試験問題集」という付け焼刃的な学習に終わっているのが現状でしょう。

 

そして、このことが、多くの日本人が抱える英語学習の悩みの原因になっているように思います。


1. 文法と語法をしっかり身につけ、文脈の中で単語や熟語、構文を見につけていく

2. また、英語を読むときは英語を聴くときと同じように、文の構造や修飾関係に気をつけながら英語の語順で前から意味を取っていく

 

これが英語学習の基本であり、この方法をいかに効率よく、また意欲的に取り組むかで、英語が上達するか、伸び悩むかが決まります


英語学習の目的はさまざまでしょう。「外国人と英語で話せるようになりたい」「英語検定に受かりたい」「外国人の友達とメール交換したい」「英語のニュースや映画が理解できるようになりたい」「○○大学に受かりたい」等々。


いずれにしても、しっかりとした英語の土台を作ることが先決です「英語の土台とは」文法力と語い力、そして英語の語順で理解する思考力のことです。


以上のことを踏まえ、FORYOUゼミナールでは、小学4年生から英語学習の基本に沿った学習指導をしていきます。

 

個人差はありますが、小学4年生という年齢は、ものの意味をわかった上で、論理的に考える力が芽生えてきます。

 

また、文法的に正しい話し方が出来るようになり、接続詞を適切に用いた大人的な話し方が出来るようになってきます。

 

外国語は母国語を超えることは出来ないのです。


授業は無学年制、個人別学習で行いますので、個人個人で進度が異なります。


ローマ字の徹底習熟から入り、英単語を予測読みできる力をつけ、次にスペルと読みの関係を学ぶことで読める単語の量を増やしていきます。

 

そして、英語への関心を高め、かつ抵抗感をなくした後、英文の学習に入り中学英語の先取り学習をしていきます。


テキストは、丸を付けたり記号で選ぶような形式は一切なく、徹底的に英文を読み書きする内容になっています。


テキストの英文はすべて音読指導を行います。

 

それにより英語独特のリズムイントネーションを身につけていきます。

 

また、音声教材も取り入れて楽しくリスニングを練習する時間ももうけています。


これらの指導により、個人差はありますが、中学入学前に、5級(中1終了程度)に、多くの生徒が合格しています。